Twitter facebook
  Blu-ray&DVD発売中!!

このエントリーをはてなブックマークに追加   
『コン・エアー』の主演&監督タッグ再び!!
大ヒットサスペンス・アクション『コン・エアー』の主演ニコラス・ケイジ&監督サイモン・ウェストの最強コンビがついに復活!! ニコラス・ケイジ演じる銀行強盗ウィルの仲間役に『J・エドガー』のジョシュ・ルーカス、恋人役に『キリング・ショット』のマリン・アッカーマン、ウィルを追うFBI捜査官に『タイタンの逆襲』のダニー・ヒューストン、そしてウィルの娘役にいま最も注目を集める実力派ティーン女優サミ・ゲイル。『エクスペンダブルズ』や『メカニック』を成功させてきたプロデューサーチームが全面バックアップ。ハリウッド大スターのニコラス・ケイジ主演、アクション映画の巨匠サイモン・ウェスト監督によるサスペンス・アクション大作がここに誕生した!

誘拐映画×強盗映画×父親の娘への愛情
近年の誘拐映画の傑作と言えば『96時間』や『マイ・ボディガード』、また強盗映画の傑作と言えば『ザ・タウン』、『インサイド・マン』、『ヒート』など枚挙にいとまがないが、本作『ゲットバック』は誘拐映画のサスペンス・ドラマと強盗映画のクライム・アクションが見事に融合。サイモン・ウェスト監督らしいエンターテイメント感あふれる痛快アクション、緊迫感のなかで光るユーモアが随所に散りばめられており、ハリウッドで一番困った顔が似合う男、ニコラス・ケイジが鬼の形相で娘の救出のため奔走する姿は、『ゲットバック』の真のテーマである「父親の娘への愛情」を見事に体現している。

ニコラス・ケイジ『エクスペンダブルズ3』に出演決定!
2012年8月、衝撃のニュースが全世界を駆け巡った。『エクスペンダブルズ』&『エクスペンダブルズ2』のプロデューサーであり、『ゲットバック』の製作総指揮も務めるアヴィ・ラーナーが、『エクスペンダブルズ3』にニコラス・ケイジの出演が決定したと発表した。『エクスペンダブルズ2』の監督を務めるサイモン・ウェストとニコラス・ケイジの相性は、『コン・エアー』、『ゲットバック』で証明済み。早くも期待に胸が高鳴る。いつの時代も、ハリウッドはニコラス・ケイジを中心に回っているのだ!
全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリー(ニコラス・ケイジ)は、長年チームを組む信頼のおける仲間たち、ヴィンセント(ジョシュ・ルーカス)、ライリー(マリン・アッカーマン)らとともに夜の銀行に侵入し、鮮やかな手口で金庫を破り、1,000万ドルの強奪に成功する。しかし、逃走中に仲間割れが起き、ウィルは1,000万ドルとともに一人路上に取り残されてしまう。現場に駆け付けたパトカーを奪取し逃走を図るウィルだったが、警察の執拗な追跡によって最後は逃げ場のない倉庫に追い詰められ、FBI捜査官の手によって逮捕される。しかし、盗まれたはずの1,000万ドルは跡形もなく消えていた…。
それから8年後――。銀行強盗の罪で服役していたウィルは、出所したその足で娘アリソン(サミ・ゲイル)のもとに向かう。8年ぶりに会う娘に許しを請うウィルだったが、自分を裏切った父親を許すことができないアリソンは、ひとりタクシーに乗り込み立ち去ってしまう。そんな娘の後ろ姿を茫然と見送るしかないウィル。しかしその直後、突然かかってきた電話の相手から「お前の娘を誘拐した」と告げられる。誘拐犯の要求は、8年前の犯行後に消失した1,000万ドルを12時間以内に引き渡すこと。窮地に立たされたウィルは、犯人の行方を必死に追いながら、同時に身代金のための無謀な銀行強盗を計画する。仲間の裏切り、警察からの追跡、誘拐犯との息詰まる心理戦のなか、死に物狂いの父親は最後の賭けに出る。何万台と走るタクシーのトランクに監禁された娘を救い出すことができるのかー!?
ニコラス・ケイジ
1964年、カリフォルニア州ロングビーチ生まれ。オスカー俳優であるニコラス・ケイジは、ハリウッドを代表する人気俳優の一人であり、ヒット作は数知れず。『初体験/リッジモント・ハイ』(82)で映画デビュー。『ワイルド・アット・ハート』(90)でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。『リービング・ラスベガス』(95)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。サイモン・ウェスト監督とタッグを組んだ『コン・エアー』(97)が大ヒットを記録。『アダプテーション』(02)でアカデミー賞主演男優賞ノミネート。ビッグ・ダディを演じた『キック・アス』(10)のヒットも記憶に新しい。2013年2月には『ゴーストライダー2』の日本公開が決定。今後も『キック・アス2』、『エクスペンダブルズ3』、『ナショナル・トレジャー3』と話題の超大作が目白押しだ。









ジョシュ・ルーカス
1971年、アーカンソー州生まれ。イーサン・ホーク主演『生きてこそ』(93)で映画デビュー。『アメリカン・サイコ』(00)、オスカー受賞作『ビューティフル・マインド』(01)、『メラニーは行く!』(02)、『ハルク』(03)、『ポセイドン』(06)などに出演。近年はクリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演『J・エドガー』(11)や、マシュー・マコノヒー主演『リンカーン弁護士』(11)に出演。





マリン・アッカーマン
1978年、スウェーデン、ストックホルム生まれ。米ヴァラエティ紙において、2007年に<最も有望な役者10人>の1人として紹介される。『最凶家族計画』(07)、『幸せになるための27のドレス』(08)、『ライラにお手あげ』(08)、『ウォッチメン』(09)、『あなたは私の婿になる』(09)などに出演。近年はブルース・ウィリス主演『キリング・ショット』(11)、トム・クルーズ主演『ロック・オブ・エイジズ』(12)に出演。





サミ・ゲイル
16歳という年齢としては驚きのキャリアを持つ女優。ブロードウェイやオフブロードウェイでの活躍が注目され、テレビシリーズに出演。映画デビューはエイドリアン・ブロディ主演の『デタッチメント』(11)。次回作はロビン・ライト、ポール・ジアマッティ、ハーヴェイ・カイテル共演の『The Congress』など。


サイモン・ウェスト
1961年、イギリス生まれ。ロンドンのBBCで編集者としてキャリアをスタート。その後、ミュージック・ビデオやテレビCMを監督し数々の賞に輝く。97年、ニコラス・ケイジ主演『コン・エアー』で映画監督デビュー。続いて、ジョン・トラボルタ主演『将軍の娘/エリザベス・キャンベル 』(99)、アンジェリーナ・ジョリー主演『トゥームレイダー』(01)、カミーラ・ベル主演『ストレンジャー・コール』(06)とヒット作を連発し、その全てが全米初登場第一位、興行収入1億ドル突破の快挙を成し遂げている。アカデミー賞ノミネート作品『ブラックホーク・ダウン』(01)では製作総指揮を務めた他、監督作としてジェイソン・ステイサム主演『メカニック』(11)や、スタローン、ブルース・ウィリス、シュワルツェネッガー共演のアクション超大作『エクスペンダブルズ2』(12)などがある。最新作は、ジェラルド・バトラー、マシュー・マコノヒー、サム・ワーシントン出演の戦争アクション『Thunder Run』を製作中。




デヴィッド・グッゲンハイム
USウィークリー誌の編集者として働きながら脚本を執筆。デンゼル・ワシントン主演『デンジャラス・ラン』(12)で映画作品での脚本デビューを飾る。今後映画化が予定されている作品に、ロン・ハワード監督『364』、マックG監督『Puzzle Palace』など。




アヴィ・ラーナー
イスラエル、ハイファ生まれ。96年にミレニアム・フィルムズを設立し、『エクスペンダブルズ』(10)、『ドライブ・アングリー3D』(10)、『メカニック』(11)、『ブレイクアウト』(11)、『エクスペンダブルズ2』(12)などをプロデュース。米トータル・フィルム誌にて、ニコラス・ケイジが『エクスペンダブルズ3』に出演決定と発表した。




マックG
1968年、ミシガン州カラマズー生まれ。キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー共演の『チャーリーズ・エンジェル』(00)で監督デビューを飾り、世界的大ヒットを記録。その後、『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』(03)、『ターミネーター4』(09)、『Black&White/ブラック&ホワイト』(12)などを監督。







父親の娘への愛情を描いたサスペンス・アクション
サイモン・ウェスト監督は「基本的にはサスペンス・アクションだけど、人間関係を描いた作品でもある。あくまでキャラクター重視で、それぞれがどのように絡むかに焦点をあてている。もちろん爆発やアクションも満載だけどね」と語り、ニコラス・ケイジも「ストーリーの核心は父親の娘への愛情さ」と語る。


絶対的信頼を得るフィルムメーカー
ニコラス・ケイジは「サイモン・ウェスト監督作品なら、なんでもすぐにイエスさ。彼はいままで仕事した最高の監督のひとりでもある。『コン・エアー』は素晴らしい経験だった。彼は常に紳士でありアーティストでもある。そして何をしたいかがはっきりしている。彼は決して妥協せずに取り組んでくれる完璧主義者なんだ。そんな監督と仕事するのは大好きさ」と最大限の賛辞を贈る。
ジョシュ・ルーカスは「サイモンは映画作りに危険で大胆な要素を取り入れてくれる。彼はアクション映画を理解しているし、娯楽性に溢れたアクションの見せ方を心得ている。彼はスケールの大きなアクション大作を手掛ける最高のフィルムメーカーさ」と信頼を寄せ、マリン・アッカーマンは「サイモンは最高ね! わたし自身、『コン・エアー』からずっと監督のファンだったの。コメディはたくさんやってきたから、ずっとこういう作品を探していたの」と、出演の喜びを素直に語った。


役者が憧れる役者ニコラス・ケイジ
ジョシュ・ルーカスは語る。「この映画に参加したかった理由は、ニコラス・ケイジのような偉大な俳優と仕事ができるから。そんなチャンスを見逃すわけにはいかないし、ニコラスのレベルに近い俳優なんて、そうはいないからね。彼は数少ない偉大な役者の一人さ」
ダニー・ヒューストンは「ニコラスと一緒に仕事をするのはとても楽しいし、非常にシリアスな俳優だね。一度場面を撮り終えてから、彼とふざけ合うのも楽しかった。すごく緊迫する場面を撮り終えたあと、ユーモアを感じさせてくれる役者は有り難い」と撮影を振り返り、マリン・アッカーマンは「ニコラスと仕事ができて嬉しかった。彼の映画を観て育ったので、才能ある人の隣で一緒に仕事が出来て、本当に素晴らしかった」と共演の感想を語った。
4/17現在の情報です。上映劇場は随時更新しております。
上映スケジュールの詳細は各劇場ホームページをご覧になるか、劇場にお問い合わせ下さい。


 
都道府県 劇場名 公開日
北海道
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌 11月10日~12月7日
東北
青森 シネマディクト 12月15日~12月28日
宮城 109シネマズ富谷 11月10日~11月30日
山形 MOVIE ON やまがた 1月5日~1月18日
関東・甲信越
東京 新宿ミラノ 11月10日~11月30日
渋谷東急 11月10日~11月30日
ユナイテッド・シネマ豊洲 11月10日~12月14日
ユナイテッド・シネマとしまえん 11月10日~12月7日
新橋文化劇場 3月23日~3月29日
神奈川 横浜ブルク13 11月10日~11月30日
川崎チネチッタ 11月10日~11月30日
千葉 T・ジョイ蘇我 11月10日~11月30日
埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和 11月10日~12月7日
ユナイテッド・シネマウニクス南古谷 11月10日~12月14日
ユナイテッド・シネマ春日部 11月10日~12月7日
ユナイテッド・シネマ入間 11月10日~12月7日
ユナイテッド・シネマウニクス上里 11月10日~12月14日
茨城 シネプレックスつくば 11月10日~11月30日
群馬 ユナイテッド・シネマ前橋 11月10日~12月7日
長野 シネマポイント 5月4日~5月10日
新潟 ユナイテッド・シネマ新潟 11月10日~12月7日
中部
愛知 109シネマズ名古屋 11月10日~11月30日
ユナイテッド・シネマ豊橋18 11月10日~12月14日
ユナイテッド・シネマ稲沢 11月10日~12月13日
ユナイテッド・シネマ阿久比 11月10日~12月7日
石川 ユナイテッド・シネマ金沢 11月10日~12月7日
関西
大阪 TOHOシネマズなんば 11月10日~11月30日
ユナイテッド・シネマ岸和田 11月10日~12月7日
新世界国際劇場 3月20日~3月26日
京都 T・ジョイ京都 11月10日~11月30日
兵庫 109シネマズHAT神戸 11月10日~11月30日
兵庫 Cinema KOBE 3月9日~3月15日
滋賀 ユナイテッド・シネマ大津 11月10日~12月7日
中国・四国
広島 109シネマズ広島 11月10日~11月30日
香川 ソレイユ2 2月23日~3月8日
愛媛 シネマサンシャイン大街道 1月26日~2月8日
九州
福岡 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 11月10日~12月7日
ユナイテッド・シネマ福岡 11月10日~12月13日
ユナイテッド・シネマなかま16 11月10日~12月14日
長崎 ユナイテッド・シネマ長崎 11月10日~12月7日
熊本 シネプレックス熊本 11月10日~11月30日
鹿児島 天文館シネマパラダイス 1月12日~2月1日
沖縄 サザンプレックス 12月15日~1月10日